春夏秋冬日々酒三昧

読書

19階にある大臣室からは、先ほどまでいた皇居を一望できる
いすに座ると、刑事局幹部が部屋に入ってきた
三通の死刑執行命令書が目の前に差し出された
「死刑執行の件は、裁判言い渡しの通り執行せよ」
そう書かれた命令書の一通は連続幼女誘拐殺人事件で日本社会を震撼させた
○○死刑囚に対するものだった
「わかった。執行しよう」筆をとり命令書に自らの花押を記した。
------------------------------------------------------------
「ついに執行されたか・・・・」
○○日、かつて東京高裁の裁判長勤めたA氏は○○県内の自宅で
死刑執行を報じた夕刊紙の記事を読み
平静な気持ちではいられなくなった
自分が判決にかかわった○○死刑囚の名前があった
--------------------------------------------------------------
(一部抜粋)
※ 日時や氏名等は伏せましたが実際には記述してあります

読売新聞社会面で2008年10月から2009年6月にかけて
4部構成で計40回連載したものに更に加筆した死刑に関する本を購入しました

この本を読んで死刑に対する考え方が変わるのか
じっくり読ませていただきます

PENTAX K100D
IMGP7429.jpg

テーマ:考えさせられる本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/10/22(木) 14:24:22|
  2. 買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

酒一筋

大和魂

Author:大和魂
7冠馬シンボリルドルフ産駒の
期待馬だった
「ヤマトダマシイ」が好きでした

フリーエリア

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア