FC2ブログ
春夏秋冬日々酒三昧

椿寿荘

第3のミッションへ向かう途中に見つけた豪農の館 「椿寿荘」 を見学しました

-----以下引用-----
大正時代、日本の五百町歩(500ヘクタール)以上の大地主の半数は新潟にあった。なかでも「千町歩」の巨大地主は新潟に5家を数え、田上の田巻家(原田巻家)も、そのひとつ。
田巻家は江戸末期、1300町歩、小作人2794人を抱えた。1897年、7代目当主が「不況で仕事のない小作人を働いてもらう」ために、当時日本三大名人の一人と言われた富山・井波の宮大工松井角平に依頼して建てた離れ座敷が、椿寿荘。建築に3年半を費やした。
屋敷は、建坪約140坪、ヒノキを使った重厚な寺院様式で、クギを一切使わず仕上げている。目を引くのは、随所に使われた銘木。樹齢800年の会津欅(ケヤキ)をふんだんに使った玄関と露縁。菊を透かし彫りした欄間のクスノキの1枚板。
圧巻は露縁のひさしのけたに使われた約20メートルの節ひとつない吉野杉。大阪から海路、新潟から信濃川をさかのぼって運ばれました。
-----ここまで-----

写真では伝わりづらいですがガイドの方の説明を受けて建物の凄さが分かって勉強になりました
風が吹いてなくて蒸し暑さが半端なかったですけど(笑)

今回の旅で一番良かったです・・・・・

PENTAX K-70
IMGP3941.jpg

IMGP3954_01.jpg

IMGP3951_01.jpg
  1. 2019/08/14(水) 13:47:32|
  2. 新潟
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

酒一筋

大和魂

Author:大和魂
7冠馬シンボリルドルフ産駒の
期待馬だった
「ヤマトダマシイ」が好きでした

フリーエリア

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア